タクシー運転手の平均年収は?給料を上げるための方法を解説

公開日:2023/10/11 最終更新日:2023/10/23
タクシー運転手の平均年収は?給料を上げるための方法を解説

タクシー運転手は稼げないとの噂もありますが、本当に稼げないのでしょうか。たしかにタクシーは利用客がいなければ成り立たない職業ですので、たくさん稼ぐのは難しいのかもしれません。具体的にタクシー運転手の平均年収はどれくらいなのでしょうか?また、この記事ではタクシー運転手の給料を上げるためのコツも合わせてご紹介します。

タクシー運転手の平均年収

運転免許さえあれば誰でも就くことのできる職業であるタクシー運転手。雇用形態や会社によって給料は異なりますが、令和3年に厚生労働省により発表された賃金構造基本統計調査によれば、正社員のタクシー運転手の平均年収はだいたい370万円程度であることがわかっています

毎月支給される月収としては平均で22.5万円。ボーナスはおよそ100万円前後であることから、平均年収は370万円程度であるといえるでしょう。

また、日本全国の正社員として働く人の平均年収は496万円程度だといわれているため、タクシー運転手は正社員であっても全国平均より100万円以上も低い年収となっています

タクシー運転手は、運賃の全てがその人の給料になるわけではありません。だいたい売り上げの50%〜60%が自分の取り分となり、残りは会社に入ってしまうため売り上げがよかったわりには給料が低いと感じてしまうこともあるようです。

非正規雇用の場合では平均年収は155.7万円となり、正社員より大幅に年収が低くなっていることがわかります

タクシー運転手の給与形態について

タクシー運転手として働く人の給与形態は、大きく3つに分かれています。

︎A型賃金(固定+歩合+賞与)

この給与形態はサラリーマンや一般的な企業で多く採用されている給与形態ですが、近年のタクシー業界ではこの給与形態が採用されることは少なくなってきました。

A型賃金は基本給や家族手当などの手当に加えて、一定の売り上げを超えた場合に発生する歩合給と賞与が与えられます。

固定給に関しては変動しないケースがほとんどですが、雇用形態や会社によっては、売り上げのノルマを達成できなければ固定給が減額されてしまうこともあるようです

ただ、売り上げが悪かった月でも、決められた額はしっかりともらえるといったメリットもあります。

︎B型賃金

タクシー運転手のほとんどは歩合制で給与が支給されています。毎月の給料がその人の頑張りと売り上げ次第で大きく変わります。月間売り上げに対して場合率が決められているところがほとんどで、売り上げが大きければ大きいほどどんどん給料は上がっていきます

毎月の売り上げを着実に作っていけるタクシー運転手にとっては、1番稼げる給与形態ともいえるでしょう。経験豊富な乗務員であればある程度稼ぐことができますが、未経験やあまり売り上げを作ることができない人にとってはとても苦しい給与形態です

︎AB型賃金(A型とB型どちらも取り入れた給与形態)

現在のタクシー事業者の間で最も多く採用されているのがAB型賃金という給与形態です。その名のとおり、A型とB型のどちらの特徴も取り入れた給与形態のことです。

固定給と歩合給の合計のうち一定の割合の額が年に2〜3回の賞与として支払われる仕組みです。安定の固定給に加えて歩合の成功報酬が賞与として与えられるため頑張り次第で給料は上がり、やりがいを感じやすいでしょう。

月々の給与が平均的に同じになりやすいので、毎月大きく変動する可能性のあるB型賃金より生活しやすいのも特徴です

タクシー運転手が稼ぐには?給料アップのコツ

給与形態に歩合制が含まれる場合は、頑張り次第で大きく稼ぐことも可能です。より給与の金額を上げていくためには、乗せる人数や時間、回数をどんどん増やしていく必要があります

待機場所の工夫や、いつも利用してくれる顧客を掴むことによって売り上げを伸ばすことができるようになります。

さらに、地域によっても利用客が多い地域と少ない地域があります。都心部に近い場所や、駅周辺などタクシーを利用しそうな人が多く集まる場所に待機しておくと売り上げが作りやすいといえるでしょう。

また、勤務時間帯によっても給料が異なります。タクシーは休日や夜間、終電間近や悪天候の日に利用されることが多いため、利用する人が多い時間帯に出勤することで効率よく稼ぐことができます

稼ぎたいと考えるタクシー運転手の多くは深夜帯に出勤しているという会社もあるようです。利用客が少ない地域では、勤務する時間帯を工夫してみるとよいかもしれません

まとめ

稼げないと思われがちなタクシー運転手の平均年収は、やはりサラリーマンや一般的な企業に比べると低いことがわかりました。しかし、給与形態や勤務するタクシー会社によっては頑張り次第で1,000万円以上稼ぐことができる場合もあるようです。給料を上げるためには人が多く集まる場所に待機したり、利用するであろう人が多い時間帯に勤務したりなどの工夫が必要です。また、指名制度がある会社もあるためコミュニケーションスキルを身につけておくことをおすすめします。タクシー運転手への転職を検討している方はぜひ参考にしてみてください

タクシー運転手の人財不足に向き合う。居心地の良い会社づくりとは?

PR

平和交通はこれまでの型にとらわれない発想でタクシー業界を変える!

多くのタクシー会社があるなかでも、タクシー業界を変えていこうとしているのが平和交通です。平和交通では若年層にタクシー会社をよく知ってもらうための策を、タクシー業界全体で考えていかなければならないと思っています。 そのためには、これまでにない考え方をする若者に対しても否定するのではなく「なるほど!そういう見方ができるね!」「それはユニークな提案だね」など、若者の思考に耳を傾け受け入れることからスタートし新しい発想や進め方を認めていく、取り入れながら企業として成長していきたいという考え方を持っています。

居心地のいい会社探しにぴったり! タクシー運転手の人財不足に向き合う。居心地の良い会社づくりとは?

【宮城】おすすめのタクシードライバー求人7社比較表

イメージ
会社名平和交通仙台中央タクシー仙台タクシーグループ日交タクシー仙台仙台第一交通仙南タクシー相互タクシー
特徴仙台市内でトップクラスの業績!知名度バツグンのHKグループに加盟!未経験者&女性も大歓迎!老舗企業ならではの知名度で実車率も心配なし高収入を目指せる!充実した教育システムと安心の営業サポート!充実の研修と丁寧な稼げるよう常にバックアップ!万全な働きやすい環境!全国展開の第一交通産業グループだからこそできる出来る営業!タクシードライバー未経験でも充実した研修制度。免許取得支援制度が魅力。地域密着型のタクシー事業!多種多様なニーズに応えられる車両展開!
休日月6日~7日間の公休
5日間で1日間の公休日 (4日間は出勤、1日は公休)
有給休暇、特別休暇あり
公休6日~7日 1か月の勤務日数24日(2月は22日)
5日間サイクルのシフト制 
6か月勤務で10日間の年次有給休暇発生 
(日勤の場合)
シフト制(月7~9日休み)月6~7日※年次有給休暇有月5~6日程度年次有給休暇・特別休暇制度有り変形労働時間制 28日週40時間
有給休暇(初年度10日)
待遇・健康保険、厚生年金、労災、雇用保険完備
・女性活躍中!
・近くの格安アパート紹介可
・ゴルフクラブあり
・入社支度金10万円
・社会保険完備 
・車通勤可(無料駐車場有) 
・免許取得制度有
・健康保険・厚生年金・雇用保険完備
・入社祝い金30万円支給(※一部条件あり)
・社会保険完備(健保・厚生・雇用・労災)
・生活支援金制度(社内貸付金制度)
・社会保険完備
・マイカー・バイク・自転車通勤可能(無料駐車場あり)
・クレジットカード手数料や各種割引手数料、無線代、リース代等の乗務員負担は一切なし など
・社会保険完備
・有給休暇
・慶弔休暇
・制服貸与
・車通勤可
・接客や地理など事前研修・添乗研修
・雇用保険・社会保険・労災保険・厚生年金
・資格取得支援制度
・再雇用制度:最長75歳まで
・定期研修(月1回)
給与保障〇(6か月間月20万円(定時制12万円))〇(4か月間最低月額20万円の保証給制度)〇(研修終了後1年間(12か月間)給与保証)〇(6か月間保証給制度あり)
二種免許養成制度・二種免許取得費用、全額会社負担
・二種免許取得期間は養成手当支給
・短期間希望の方はビジネスホテルシングル3食付きで1週間の合宿を準備します。
資格取得支援制度あり二種免許取得費用、全額会社負担二種免許取得費用、全額会社負担二種免許取得費用、全額会社負担二種免許取得費用、全額会社負担資格取得支援制度あり
公式サイト採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】タクシー運転手の人財不足に向き合う。居心地の良い会社づくりとは?