タクシー運転手の平均年齢は?いつまで働ける?

公開日:2023/10/11 最終更新日:2023/10/23
タクシー運転手の平均年齢は?いつまで働ける?

「タクシー運転手への転職に興味がある」「でも、何歳ぐらいまで働けるのかが不安」などと思っている人はいませんか?これからタクシー運転手へ転職するときは、できるだけ長く働きたいと思っている人が多いことでしょう。そこで本記事ではタクシー運転手の平均年齢や、いつまで働けるのかなどについて解説します。

タクシー業界を取り巻く現状

タクシー業界は現在、ドライバーの高齢化が顕著です。厚生労働省の「職業情報提供サイトjobtag」によると、全国で働くタクシー運転手の数は144万5,820人、平均年齢は58.3歳でした

多くの企業で65歳を定年としているなか、タクシー業界では定年に近い年齢層が多く働いており、高齢化の現状がわかります。

タクシー運転手には普通第二種運転免許が必須ですが、免許さえあれば学歴や経験は基本的に問われません。他業種・職種から比較的転職しやすいことが、平均年齢が高い理由です。

タクシー運転手の数は足りておらず、どのタクシー会社でも慢性的な人材不足におちいっています。

「男性の中高年が多い」「不規則な勤務体系」「長時間労働」といった、マイナスイメージが先行しているためです。

しかし、近年ではライフスタイルに合わせて働けるよう、さまざまな配慮や取り組みをしているタクシー会社が増えており、働きやすい職場として注目されています

またタクシー運転手ならではのメリットも多く、一般企業では馴染めなかった人も定着しているケースが少なくありません。

【年齢層別】タクシー運転手の仕事のメリット・デメリット

前述したように、タクシー運転手の仕事は普通第二種運転免許さえあれば働けます。中高年層が多いのは事実ですが、なかには20代や30代といった若手の運転手も働いています

続いては、年齢層別にタクシー運転手の仕事にメリット・デメリットを見ていきましょう。

20代のメリット・デメリット

20代でタクシー運転手に転職する大きなメリットは、若いときから高収入を得られることでしょう。タクシー会社の多くは歩合制を導入しており、頑張れば頑張った分だけ稼げます

夜勤といった不規則勤務、長時間勤務が求められることもありますが、若くて体力がある20代なら、難なく業務をこなせるでしょう。また早い段階からの個人タクシー開業にもつながります。

個人タクシーを開業するためには、10年以上の業務経験が求められるためです。個人タクシーは売上のすべてが収入となるため、タクシー会社で働くよりも高収入が期待できます

デメリットは、一般常識やマナーを学ぶ機会がないことでしょう。タクシー運転手はホワイトカラー職ではなく、業務からビジネスマナーやスキルなどを学ぶことは困難です。

30代のメリット・デメリット

30代のメリットは、転職活動しやすいことです。社会人としての経験があるため、最低限の一般常識やマナーをわきまえており、さらにまだ30代は体力がある働きざかりでしょう。

多くのタクシー会社は30代の人材を即戦力と考え、積極的な採用活動をしています。転職後もスキルアップに励むことで、より高い収入を目指せるようになるでしょう。デメリットは、タクシー運転手からの転職の幅が狭くなることです。

40代のメリット・デメリット

一般的に40代は転職が難しい年齢といわれていますが、タクシー運転手は違います。

平均年齢が高いなかで40代はまだまだ若く、タクシー会社でも積極的に採用しています。そのため、40代からの転職活動も、比較的スムーズに進められるでしょう。

ただし、20代からずっと同じ会社で働いていた場合、転職によって収入が減少するかもしれません。

50代のメリット・デメリット

50代のなかには、人間関係のストレスから解放され、もっと気楽に働きたいと考えている人がいるかもしれません。タクシー運転手は基本的に一人で働くため、煩わしい人間関係のストレスに悩まされることがなくなるでしょう。自分のペースで気楽に働けます。

ただし、タクシー会社のなかには夜勤を含む隔日勤務の運転手を募集しているところがあり、人によっては体力的に大変かもしれません。

何歳からでもはたらけるタクシー運転手の仕事は魅力的!

これまで述べてきたように、タクシー運転手は何歳からでも転職できる魅力的な仕事です。多くのタクシー会社で定年を65歳としていますが、会社によっては65歳以降も非正規社員や嘱託社員などで雇用継続しているところもあります

また個人タクシーは個人事業主のため、定年がありません。国土交通省による年齢制限によって、個人タクシー運転手が働ける上限は75歳ですが、長く働き続けられることに違いはないでしょう。

まとめ

厚生労働省によるとタクシー運転手の平均年齢は58.3歳で、中高年層が多く働いていることがわかります。慢性的な人材不足から、20代といった若手から50代といったシニアまで、幅広い年齢層が転職しやすい職業として注目されています。ただし、年齢層ごとにメリットやデメリットが異なるため、これから転職を検討している場合はよく理解しておくとよいでしょう。またタクシー会社によって勤務形態や待遇などが違うため、いくつかを比較してみると、より希望に沿ったところを見つけられます。

タクシー運転手の人財不足に向き合う。居心地の良い会社づくりとは?

PR

平和交通はこれまでの型にとらわれない発想でタクシー業界を変える!

多くのタクシー会社があるなかでも、タクシー業界を変えていこうとしているのが平和交通です。平和交通では若年層にタクシー会社をよく知ってもらうための策を、タクシー業界全体で考えていかなければならないと思っています。 そのためには、これまでにない考え方をする若者に対しても否定するのではなく「なるほど!そういう見方ができるね!」「それはユニークな提案だね」など、若者の思考に耳を傾け受け入れることからスタートし新しい発想や進め方を認めていく、取り入れながら企業として成長していきたいという考え方を持っています。

居心地のいい会社探しにぴったり! タクシー運転手の人財不足に向き合う。居心地の良い会社づくりとは?

【宮城】おすすめのタクシードライバー求人7社比較表

イメージ
会社名平和交通仙台中央タクシー仙台タクシーグループ日交タクシー仙台仙台第一交通仙南タクシー相互タクシー
特徴仙台市内でトップクラスの業績!知名度バツグンのHKグループに加盟!未経験者&女性も大歓迎!老舗企業ならではの知名度で実車率も心配なし高収入を目指せる!充実した教育システムと安心の営業サポート!充実の研修と丁寧な稼げるよう常にバックアップ!万全な働きやすい環境!全国展開の第一交通産業グループだからこそできる出来る営業!タクシードライバー未経験でも充実した研修制度。免許取得支援制度が魅力。地域密着型のタクシー事業!多種多様なニーズに応えられる車両展開!
休日月6日~7日間の公休
5日間で1日間の公休日 (4日間は出勤、1日は公休)
有給休暇、特別休暇あり
公休6日~7日 1か月の勤務日数24日(2月は22日)
5日間サイクルのシフト制 
6か月勤務で10日間の年次有給休暇発生 
(日勤の場合)
シフト制(月7~9日休み)月6~7日※年次有給休暇有月5~6日程度年次有給休暇・特別休暇制度有り変形労働時間制 28日週40時間
有給休暇(初年度10日)
待遇・健康保険、厚生年金、労災、雇用保険完備
・女性活躍中!
・近くの格安アパート紹介可
・ゴルフクラブあり
・入社支度金10万円
・社会保険完備 
・車通勤可(無料駐車場有) 
・免許取得制度有
・健康保険・厚生年金・雇用保険完備
・入社祝い金30万円支給(※一部条件あり)
・社会保険完備(健保・厚生・雇用・労災)
・生活支援金制度(社内貸付金制度)
・社会保険完備
・マイカー・バイク・自転車通勤可能(無料駐車場あり)
・クレジットカード手数料や各種割引手数料、無線代、リース代等の乗務員負担は一切なし など
・社会保険完備
・有給休暇
・慶弔休暇
・制服貸与
・車通勤可
・接客や地理など事前研修・添乗研修
・雇用保険・社会保険・労災保険・厚生年金
・資格取得支援制度
・再雇用制度:最長75歳まで
・定期研修(月1回)
給与保障〇(6か月間月20万円(定時制12万円))〇(4か月間最低月額20万円の保証給制度)〇(研修終了後1年間(12か月間)給与保証)〇(6か月間保証給制度あり)
二種免許養成制度・二種免許取得費用、全額会社負担
・二種免許取得期間は養成手当支給
・短期間希望の方はビジネスホテルシングル3食付きで1週間の合宿を準備します。
資格取得支援制度あり二種免許取得費用、全額会社負担二種免許取得費用、全額会社負担二種免許取得費用、全額会社負担二種免許取得費用、全額会社負担資格取得支援制度あり
公式サイト採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】タクシー運転手の人財不足に向き合う。居心地の良い会社づくりとは?