新卒でタクシードライバー就職が増えている?

公開日:2023/11/15
新卒でタクシードライバー就職が増えている?

近年では、新卒でタクシードライバーになる人が増えていることをご存知でしょうか。この記事では、新卒でタクシードライバー就職が増えている理由や、新卒でタクシードライバーになるメリットとデメリットを紹介します。メリットとデメリットを理解した上で、タクシードライバーへの就職を検討することが重要です。

新卒でタクシードライバーになる人が増えている?

近年では、新卒でタクシードライバーになる人が増えています。理由としては、入社時にタクシードライバーになるために必要な二種免許を取得させてくれることや、研修で1から指導してくれるタクシー会社が増えたことが挙げられます。実際に、未経験からタクシードライバーになる人も増えているのです。

ただし、タクシードライバーの仕事は、合う人と合わない人がはっきりしている仕事です。仕事内容やメリットとデメリットを理解しておかないと、失敗してしまう可能性もありますので注意しましょう。

新卒でタクシードライバーになるメリット

まずは、新卒でタクシードライバーになるメリットを紹介します。

二種免許が取得できる

タクシードライバーになるには、二種免許の取得が必要です。最近では、二種免許を取得させてくれるタクシー会社が多く、費用も免除されます。さらに、二種免許を取得するための期間の給料も支払われることが多いでしょう。ただし、費用の免除には条件があるタクシー会社もありますので、就職時に確認することが重要です。

スキルが向上する

タクシードライバーになると、安全運転や地理のスキルが向上します。新人教育を徹底しているタクシーが会社も多いため、現場で役立つスキルを身につけられるのです。地理や安全運転のスキルが身につくと、他のドライバー職にも役立ち、他のタクシー会社への転職もしやすくなるでしょう。

キャリアの選択肢が多い

タクシー業界では、人材が高齢化しているため、将来的に活躍できる若いタクシードライバーが欲しいのです。そのため、新卒者の採用枠を設けているタクシー会社は多く存在します。とくに大手のタクシー会社では、ドライバー以外にもさまざまな人材を必要としています。管理職や配送センター、採用部門などの部署に分かれているので、キャリアを積む選択肢がたくさんあるでしょう。

新卒でタクシードライバーになるデメリット

次に、新卒でタクシードライバーになるデメリットを紹介します。

事故に遭うリスクがある

タクシードライバーを続けていると、事故に遭うリスクがあります。一般ドライバーと比べると走行距離が長いため、その分事故のリスクが高くなります。安全運転への意識をもつことで事故を軽減させることは可能ですが、追突事故などのリスクもありますので、事故に遭う可能性がゼロになるわけではありません。

また、タクシーはお客様と密室で過ごすことになるので、犯罪に巻き込まれるリスクもあります。タクシー会社によってさまざまな対策がされていますが、事故や犯罪に遭うリスクがあることを理解しておく必要があります。

仕事内容が合わないと続けにくい

タクシードライバーは、合う人と合わない人がいます。イメージしていた仕事と実際の仕事にギャップを感じ、辞めてしまう人も少なくないのです。地理を覚えるのが苦手な方、お客様とのトラブルがトラウマになった方、事故を起こしてしまった方などが、新人タクシードライバーがぶつかりやすい壁です。

他業種への転職がしにくい

タクシードライバーを続けていると、他業種への転職がしにくくなるといわれています。理由は、タクシードライバーで身につけたスキルは、他の仕事には活かしにくいからです。もし、タクシードライバーが合わないと感じた場合は、早めに他業種への転職を検討した方がよいかもしれません。

新卒でタクシードライバーを目指すべき人の特徴

新卒でタクシードライバーを目指すべき人の3つの特徴を紹介します。

キャリアプランがある人

入社後のキャリアプランがある人は、モチベーションが維持しやすいでしょう。大手のタクシー会社ではさまざまな部署があるため、選択肢が広いのです。また、キャリアプランがあると、大変なことがあっても目標に向けて取り組めるでしょう。

将来の夢がある人

将来の夢を叶えるための準備期間として、タクシードライバーの仕事を選ぶ方も多いのです。タクシードライバーは勤務時間が長いのですが、仕事とプライベートを分けやすい職業でもあります。仕事を家に持ち帰ることもないので、勤務後は自分の時間に集中できるでしょう。

タクシードライバーが天職な人

タクシードライバーは、運転が好きな人・接客が好きな人・1人で仕事をしたい人に向いている仕事です。これらの条件に当てはまる人は、タクシードライバーが天職であり、向いている仕事だといえるでしょう。

まとめ

新卒でタクシードライバーになるメリットやデメリットについて紹介しました。タクシードライバーは、二種免許を取得できたりスキルが向上したりという多くのメリットがありますが、デメリットも多く存在します。とくに、事故や犯罪のリスクがあることは理解しておかなくてはいけません。

また、タクシードライバーは、入社後のキャリアプランがある人や、将来の夢を叶えるための準備期間として働きたい方にとってはおすすめの職業です。メリットとデメリットをしっかり理解した上で、就職することを検討しましょう。

タクシー運転手の人財不足に向き合う。居心地の良い会社づくりとは?

PR

平和交通はこれまでの型にとらわれない発想でタクシー業界を変える!

多くのタクシー会社があるなかでも、タクシー業界を変えていこうとしているのが平和交通です。平和交通では若年層にタクシー会社をよく知ってもらうための策を、タクシー業界全体で考えていかなければならないと思っています。 そのためには、これまでにない考え方をする若者に対しても否定するのではなく「なるほど!そういう見方ができるね!」「それはユニークな提案だね」など、若者の思考に耳を傾け受け入れることからスタートし新しい発想や進め方を認めていく、取り入れながら企業として成長していきたいという考え方を持っています。

居心地のいい会社探しにぴったり! タクシー運転手の人財不足に向き合う。居心地の良い会社づくりとは?

【宮城】おすすめのタクシードライバー求人7社比較表

イメージ
会社名平和交通仙台中央タクシー仙台タクシーグループ日交タクシー仙台仙台第一交通仙南タクシー相互タクシー
特徴仙台市内でトップクラスの業績!知名度バツグンのHKグループに加盟!未経験者&女性も大歓迎!老舗企業ならではの知名度で実車率も心配なし高収入を目指せる!充実した教育システムと安心の営業サポート!充実の研修と丁寧な稼げるよう常にバックアップ!万全な働きやすい環境!全国展開の第一交通産業グループだからこそできる出来る営業!タクシードライバー未経験でも充実した研修制度。免許取得支援制度が魅力。地域密着型のタクシー事業!多種多様なニーズに応えられる車両展開!
休日月6日~7日間の公休
5日間で1日間の公休日 (4日間は出勤、1日は公休)
有給休暇、特別休暇あり
公休6日~7日 1か月の勤務日数24日(2月は22日)
5日間サイクルのシフト制 
6か月勤務で10日間の年次有給休暇発生 
(日勤の場合)
シフト制(月7~9日休み)月6~7日※年次有給休暇有月5~6日程度年次有給休暇・特別休暇制度有り変形労働時間制 28日週40時間
有給休暇(初年度10日)
待遇・健康保険、厚生年金、労災、雇用保険完備
・女性活躍中!
・近くの格安アパート紹介可
・ゴルフクラブあり
・入社支度金10万円
・社会保険完備 
・車通勤可(無料駐車場有) 
・免許取得制度有
・健康保険・厚生年金・雇用保険完備
・入社祝い金30万円支給(※一部条件あり)
・社会保険完備(健保・厚生・雇用・労災)
・生活支援金制度(社内貸付金制度)
・社会保険完備
・マイカー・バイク・自転車通勤可能(無料駐車場あり)
・クレジットカード手数料や各種割引手数料、無線代、リース代等の乗務員負担は一切なし など
・社会保険完備
・有給休暇
・慶弔休暇
・制服貸与
・車通勤可
・接客や地理など事前研修・添乗研修
・雇用保険・社会保険・労災保険・厚生年金
・資格取得支援制度
・再雇用制度:最長75歳まで
・定期研修(月1回)
給与保障〇(6か月間月20万円(定時制12万円))〇(4か月間最低月額20万円の保証給制度)〇(研修終了後1年間(12か月間)給与保証)〇(6か月間保証給制度あり)
二種免許養成制度・二種免許取得費用、全額会社負担
・二種免許取得期間は養成手当支給
・短期間希望の方はビジネスホテルシングル3食付きで1週間の合宿を準備します。
資格取得支援制度あり二種免許取得費用、全額会社負担二種免許取得費用、全額会社負担二種免許取得費用、全額会社負担二種免許取得費用、全額会社負担資格取得支援制度あり
公式サイト採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る採用ページを見る
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】タクシー運転手の人財不足に向き合う。居心地の良い会社づくりとは?